スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダークナイト ライジング」

天気予報で西高東低と聞いて性交童貞という下ネタが頭から離れないガオー島田です。
下ネタに頼るようになっちゃあおしめぇよ!

珍しく最新映画「ダークナイト ライジング」を観て来たよ~!

言わずと知れたバットマン3部作完結編。
前作「ダークナイト」があまりに傑作過ぎるため、過大な期待を自分も世間も負わせていると言う本作。
映画館での銃乱射事件も起き、何となく映画館に恐る恐る入ったり…。

結論から言うと面白かったです!

実は期待していた社会派方向には行かず、どちらかと言うと娯楽作よりに触れた形の映画になっています。
ノーラン監督作で言うと「インセプション」なんかは複雑なようでいて、新しいアクションのシチュエーションを見つけた映画だと思うわけですが、そちらとは違いシンプルに娯楽映画の快楽を積み重ねた映画になっています。

前作にあった問題的に近い部分が少し出てきますが、どうしても娯楽作として組み立てる時に観客に価値を惑わせるのは危険と言う判断があったのかも知れません。
最近のヒーロー映画、ヒーロー悩みすぎやろってのもありますからねぇ…。

個人的にはそこにアクセル踏んで突っ込んで欲しかったんですが…。

ただその娯楽作として徹底的に組み立てた本作ですが、そこにいくつかの欠点があります。
本筋に関わる部分でありネタバレ厳禁のブログとしては書けないのですが、そこがどうしても惜しい所で、非常に悩ましい所です。
その設定を排除する事は全然可能な気がするんですけどねぇ…。

ただそんな欠点も目をつぶれるぐらい、2時間46分の長い上映時間なのに全然ダレない映画になっています。
ちょっとしたショットにも密度の濃い演出と情報量があるからだと思います。


社会派として食い足りない部分で評価が変わったりするのかも知れませんなぁ。

私はもう一回劇場で観てもいいパターンの88点で。
スポンサーサイト

「先生を流産させる会」

カラムーチョごときで肛門ONファイヤーになったガオー島田です。
誰かに下痢の呪いでもかけられたのかしら…?


結構前から気になっていた映画「先生を流産させる会」を観て来ました。

愛知県半田市で実際に起こった、中学一年生の男子が妊娠した先生を流産させる会を作り、給食に薬を盛ったというニュースをベースに、設定を女子中学生にして作られたフィクション映画となっています。

一報が出てからなかなか公開しないので名古屋はまたスルーかよー?と思ってたんですが、どうやら一般公開自体が伸び伸びになっていたみたいですね。
タイトルが悪影響あるから的な批判を恐れてなのかも知れませんが。

しかしこの映画素晴らしかったです!

現実とは違いますが、女子中学生に設定を変えた結果、謎が多い事件が非常に理解しやすい映画になりました。
逆にそのわかりやすさが欠点と言えば欠点な気がします。(実は自分は女性に変えるのはかなり安易な変更だと思っています。)

複雑怪奇な思春期の少女像というのも実は近年ステレオタイプに描かれがちだったりするので、そこに自分は新鮮味を感じませんでした。
しかし非常にストーリー運びが俗っぽい部分を含みつつも挑発的で面白いんです。

女子中学生たちがあまりかわいくないのもポイントですな!(失礼かな?)

過激なようで実は過激では無い。
文部省特選にして各地で上映会を開いてもいい映画だと思います。

ホラー要素と少しのアクション要素があるので、不良生徒もちゃんと観てくれるはず!
全国の学校の先生はぜひ検討を。


いやーそれにしても監督脚本の内藤瑛亮氏が80年代生まれで更にビックリ。

もうちょっと自分が驚くような人間観が一つでも描かれていたらって所が惜しい感じです。

最凶の教育映画に偽り無しの88点で。

「崖っぷちの男」

先日の人間ドックの結果でギリギリメタボじゃなくてホッとしているガオー島田です。
メタボ崖っぷちの男と呼んで下さい。
呼ばれたらむっとしますけど。

サム・ワーシントン主演の「崖っぷちの男」を観てきました。

ビルから飛び降りようとしてる男が実は…ってな筋立てのこの映画、なかなか楽しめました。
考えてみると意外にありがちな筋立てだったりするんですが、見ている間はそれを気にさせないテンポの良い演出で上手くまとまっていて面白かったです。

説明抜きでスリルが積み上がっていくので、ダレる事が無いんですな。

そう言った意味でもやはり最近のハリウッド映画のノウハウには驚かされます。


気になったのは、もう少し観客の側を騙し続けていても良かったんじゃないか?と言う所。
結構冒頭から客に安心させてしまので、少し緊張感がマイナス。


予告を観て面白そうと思った人は確実に楽しめると思う80点で。

見始めたらわかっていても最後まで見ちゃうタイプの映画です。

「少年は残酷な弓を射る」

バイキングで苦痛になるぐらい満腹になって下痢になるガオー島田です。
全部貧しさが悪いんや!

予告編を観て気になっていた「少年は残酷な弓を射る」を観て来ました。

これまた傑作でびっくらこきました。

ミニシアター系バリバリなので演出としては不親切目ですが、ちゃんと観ていれば細かく物語の伏線が積み重ねられているのがわかるレベル。
過去と現在が行き来するので、混乱しやすい…と言うか混乱を狙った演出も多め。
きちんと描きつつ観客を能動的にさせる演出の妙が素晴らしかったでげす。

ガス・ヴァン・サントの「エレファント」(コロンバイン高校の銃乱射事件を題材とした映画)との比較をしている批評がありましたが、こちらの方がわかりやすい、と言うか比較対象とするには少し違う気がするんですがね…。

純度が高い悪を描いているようで、そこが揺らいでくる所が醍醐味ですなぁ。

女性客が多かったんですが、少年期が少なめでガッカリしてないかと勝手な心配してました。
少年耽美的サスペンスとか期待して来てるんじゃないかと…。
意外と社会派寄りの映画で私は大満足でしたが。

そんな訳で90点で。

「リンカーン弁護士」

閻魔様に会う時は優秀な弁護士を頼みたいガオー島田です。

木曜日の夕刊の記事を見てなんとなく印象に残っていたので、ちょうど時間が合ったという消極的な理由で「リンカーン弁護士」を観て来ました。

これがまた拾い物で面白かったです!

マシュー・マコノヒーもマリサ・トメイも一時期大きな期待と共に売れかけていたはずなのに、知らない間にあまり大作でもミニシアター系でもそんなに観なくなった感じで、よく配給決めてくれたな?と感謝したいぐらい良かったです。

車のリンカーン乗り回して金回りいい感じの弁護士が、ある事件の弁護を頼まれ、そこでごにゃごにゃごにゃ。
徐々に謎が明らかにされて身動きが取れなくなるという設定の上手さに唸りました。

原作が素晴らしいらしい事はわかるのですが、キャスティング含め非常にバランスがいい映画になっており、久々にリーガル・サスペンスを楽しんだという実感が得られました。

ラストの冗長さが多少気になるかも?ぐらいで、正直欠点らしい欠点が見つからないレベルの出来だと思いました。

観て損は無い88点で。

「アメージング・スパイダーマン」

今日渋谷で女性たちが「あれマジ神だよねー」「ね~神だねー」って言っていたので、お忍びで下界に来ている神様が「やべぇ!俺神様だってバレてる!」ってドキッとしてないか心配なガオー島田です。
俺マジ神だよねー。

「アメージング・スパイダーマン」を観て来ました。

前3作のサム・ライミが監督を降板した結果、主要キャストも降板になり、仕切り直しになってしまい、完全新作となった本作。
これがマジ神だよねー、っていうと大げさですが中々良くできていました。

いやマジで面白かったです。
ちょっとラストでツッコミ入れたくなる所はありましたし、ちょい科学的な部分で「それで大丈夫なんかい?」ってな所がありましたが、それを置いておいても面白かったです。

ともかく演出が細かく行き届いていて、観ていて感心する部分も多かったです。
笑いのネタもサム・ライミバージョンよりはよくなってる気がします。

事前の評判でアメリカティーン向け「青春映画」ってな評価を見ましたが、そうでも無かったです。

そんな描写しなくてもいいのにって所までスパイダーマン日常の描写が描かれていたりします。
その結果平凡な高校生が力持っちゃったうひょー感もサム・ライミ版より強まった感じです。

おじさん・おばさん役にマーティン・シーンとサリー・フィールドと言う実力派を配していてそこら辺も見所です。
マーティン・シーンはこれ一作と言うのは惜しい気がします。

これは娯楽作としての完成度も高いかと思います。
思ってたよりもアクション部分の演出もスピーディーで小気味良かったです。


ただIMAX3Dで観に行ったんですが、3D感は乏しかったです。
それだけが残念な85点で。

お金搾り取られ系

おっす!おらガオー島田!
なんか初心に帰ってドラゴンボールあいさつしてみたぜ!


映画観に行こうとしたらいろいろあって観れなかったんだぜ!


ネタが無いから日記書くぜ!


SKE48の公演が当たりマクリスティで4連続当選したよ!
その前も週一で当たったりしてうれしかったんよ!
列に並んでた時に周囲にもなぜか連続当選の人がいたりして、その人達はGWは全落選とかそんな話してたYO!

自分は一回だけ当選してたんでそこまででは無いですが、チケットの申込がチケットセンターというサイトでの登録システムになってから明らかに抽選おかしいYO!


とそんな感じで平日は公演、休日は握手会地獄!
で大阪行ったり東京行ったりしてました。

おかげさまで公演終了後のハイタッチにメンバーから声をかけられるようになりました。

なんかいろいろ終わってんなという次第。


今度の日曜日も握手会で東京へ…。
だってAKBの握手会だと私服だしSKEの握手より秒数長いし…
締切時間が厳しいから買い過ぎると無駄になっちゃうYO!


そんな相変わらずの日常です。



話変わって

先日ひいこら言って書いてた会社の宿題のポスターが一応新人部門で最優秀賞をいただけました。
これが親会社含む名古屋での最優秀に選ばれまして、表彰されてきました。(大きい会社ってこういうの面倒よね…。)
自分としては水彩を無理やり使って、決して満足がいく出来では無かったのですが、何となく面目を保てた感じです。
ふぅ。

数少ない女子社員の方々が自分のポスターをべた褒めしていたのでそれだけでも満足です。
今奢ってくれと私に言ったら誰でも奢る勢いです!(今日限定)


さらに話変わって

流れにのって会社経由で人間ドック行って来ました。

久々にバリウム飲んだんですが、おいしかったです!

エコーの女医先生がAVみたいな感じでいやらしい妄想が止まりませんでした!

男ってやーねー!
プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。