スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブレイクアウト」

帰り道におじさんが犬の散歩をしているのを見ると無性に泣けてくるガオー島田です。
きっと娘が小学校の頃「わたしが世話をするからー」とか泣きながらせがまれて、飼ってしばらくは毎日娘が散歩行ったり遊んだりしてたのに、中学生にあがって部活とか彼氏とかできちゃって犬もほったらかしで、仕方なくお父さんが散歩して…。

泣ける!


そんな泣きたい気持ちを堪えて「ブレイクアウト」を観て来ました。

ニコラス・ケイジとニコール・キッドマンが金持ち夫婦役で、そのお屋敷に強盗がやってきて…。
という映画なのですが、密室空間でのサスペンスと言う事で予告一発で大好物な予感がしたので観に行って来ました。

想像通りの面白さでした!

シチュエーションサスペンスは基本どんな風に撮っても面白くなる感じはしますが…。
伏線の張り方含め、いろいろと正統派な作りでした。

もう少し犯人側の事情が入り組んでいればもっと面白かったと思うんですが、その辺娯楽作でどの程度複雑にするかというさじ加減が難しい所ですな。
設定見たら、どう崩壊するか少し予想できてしまいますからねぇ…。

娘ネタももっとスリルを転がせるなーとか、結構指摘できてしまいますが、なんだかんだ言って見始めると途中で止められない面白さがあると思います。

原題がトレスパスと言うことで「トレスパス」にハズレ無しって事で80点で。
スポンサーサイト

「幸せへのキセキ」

ウィダーインゼリーを完全に飲み干した感が味わえなくてイライラしているガオー島田です。
あの最後ちょっと残ってるんじゃね?的感覚にキィーッとなります。

最近はジミーちゃん似とは言えなくなってきたマット・デイモン主演「幸せへのキセキ」を観て来ました。

監督は自分が大好きな映画「ザ・エージェント」のキャメロン・クロウ。
映画の予告編を観た時には思いっきりストーリーが丸わかりだったので観るのを迷いました。

批評も甘さを指摘している所もあったので、どうしようか?って感じだったんですが、今日は時間が合ったので、って言う消極的な感じで観に行ったんですが、いやー危ない危ない!
危うく見逃す所でした。

やはりキャラクター造形が素晴らしいです。
いろいろなキャラクターが出てくるのですが、みんな愛すべき描写がされています。
そしてテンポの緩急が効いた編集や演出。
音楽の使い方も自分好み。(多少うるさいと思う人もいるかも)

敵キャラ的な人物も音楽含めコミカルに描かれていたりするので、実質的にはイヤな人物は一人も出てこないような映画です。

そこを甘ったるいと感じるか、浸れる要素と捉えられるかで評価が別れるのかも知れません。


少し引っ掛かるのが字幕で、確かにニュアンスで訳され方が変化する単語がキーワードになっているので、難しいのかも知れません。
それでもこの映画、この脚本では統一すべきで、少し頭を抱えてしまいました。

吹き替えとかでどうなってるんですかね?

余計な後のせかと思ったラストもしびれました。


中盤に少し中だるみがあったのは残念でしたが、自分は最高にお気に入りの映画になりました。
そんな88点で。

「メン・イン・ブラック3」

公衆トイレのジェットタオルを乾くまで使いたい欲望に駆られるガオー島田です。
もっと速乾できないもんですかねぇ?

「メン・イン・ブラック3」を観て来ました。

ブラックコメディというかアメリカ独自のニヒリスティックな感じの笑いが今ひとつ好きになれない、というか理解できません。
そんな感じのシリーズであるこの映画ですが、本作は楽しめました。

コメディ部分はもちろん「バリー・ソネンフェルド監督作」っぽいダークノリの笑いがいつも通りではあるんですが、意外にもSFマインドがある映画になっており、タイムスリップモノで引っ掛かる部分とは別の視点を提示されており、すんなりと納得して楽しめてしまいました。
もちろんよくあるパラドックス部分の放置は気になる所ですが、ある宇宙人の存在によってそこがSF的&物語厚みになっていて新鮮さを感じました。


本作は再三脚本が描き直されており、ウィル・スミスの完璧主義で撮影が止まったりして、予算の膨らみにコロンビア側が制作中止も考えていたとの事。
そういった難産映画は得てして失敗作が多いのですが、この映画はそこそこ楽しめます!

欠点としてはバラエティ感の足りなさでしょうか?
正直派手なシーンをタイムスリップ前などチャンスがあったので差し挟むだけでも印象が違ったと思います。
宇宙人エピソードももう少しあっても良かったかと思います。


いろいろ言われてますが、このシリーズの中では一番楽しめました。
取ってつけたようなオチとも言われてますが、自分は素直に感動しました。(ちょい薄め)

戸田奈津子の字幕じゃなければもっと良かったかも?の78点で。
正直前半何箇所かで何言ってるのか訳がわからん所がありました。

散々です。

満員電車で吊革に掴まった外人がいたんですが窓側じゃなく思いっきり横の私をガン見する態勢で立っていまして、顔が近すぎてくちびるをうばわれるんじゃないかと不安だったガオー島田です。

大作ブログ書いてアップしたと思ったら全消えてる!
What's Michael!

デジカメは壊れるわ
写真取り出せないわ
もう散々です。

6/2(土)はSKE握手会横浜でした。
6/3(日)はAKB握手会幕張でした。(もちろんSKEメンバーの所へ…)

横浜中華街で沢山写真撮ったんですけどね…。

民主党政権並にガッカリ気分です。
プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。