スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「戦火の馬」「ヒューゴの不思議な発明」

おいしい料理を食べると「うま、うま、うまうまうまうま、うしー」と言ってしまうガオー島田です。

スピルバーグ監督作「戦火の馬」を観て来ました。

こちらも予告編が良く出来ており、非情に気になる映画でした。
一応アカデミー賞にもノミネートされましたが、特別話題が盛り上がっている感じでも無かったので、薄い期待で観に行って来ました。

これがなかなか良かったです!
予告編のイメージとは異なりますが、主役の馬と関わる人間模様が切なくて感動的です。
ラストも素晴らしかったです。

スピルバーグの感動作の中でも上位に位置する映画になっていると思います。
原作が児童文学と言う事で、多少おとぎ話的な部分もありますが、非情にシビアできつい部分もあり感動しました。(馬同士の友情部分などギリギリアウトな感じですかね?)
脚色が素晴らしいんだと思います。

問題は字幕でしょう。
見てる途中で翻訳者がストーリーやキャラクター造形を理解していない事がすぐわかりました。
「この人は軍人だから偉そうなセリフにしましょう」みたいな感じで翻訳したんでしょうな。
やっぱり戸田奈津子だった…。

レンタルする方はぜひ吹替版をお薦めいたします。


この映画かなりコケたみたいですね。
スピルバーグの直接監督作としてはチンチンに続いてヒットしなかった映画になってしまったみたいです。

そんな84点で。


本日はSKE予定が無い(埼玉スーパーアリーナでAKB48のコンサートに付き合わされているので…)ので映画ハシゴしてきました。

もう一本はマーティン・スコセッシ監督作「ヒューゴの不思議な発明」を観て来ました。

スコセッシが3Dでファンタジックな映画撮るってマジすか!?
土産と書いてみやげっすか!?みたいに驚きましたが、観て納得。
この映画は映画に対する愛で満ちあふれた、以外にファンタジーでは無い映画になっています。

当初思いっきりCGだなーと思っていたらセットも美術もCGっぽくなっており、世界がかなりガッツリ構築されています。
ともかく賞ノミネート数が半端無く、批評家からも絶賛状態だったのですが、絶賛が理解できるいい映画になっています。

ファンタジー描写も編集も素晴らしく、語り口もいい!
スコセッシとは思えないトボけたキャラクター達も出てきて、これまた家族でも楽しめる良質ないい映画です。
血は出てきません!

今ひとつファンタジックな映画に抵抗がある自分には、退屈するのではという心配があったんですが、びっくりするほど語り口が上手く、退屈する事無く引き込まれて楽しめてしまいました。
美術が素晴らしいのもその一因なのかと思います。


何が失敗したって自分が観に行ったのが3Dじゃなかった所です。
明らかに3D向けの演出がされていると言うのに2Dで見たら意味無いじゃ~ん!
バ~カバ~カ!

あれ?3Dメガネもらってねぇ!と思いつつ席について、まぁいっかと思いながら冒頭を見たら「あかんこりゃ3Dじゃなきゃダメだ!」と思い一旦お金無駄にして出ようかと思ったんですが…。

確かに感動的で面白かったんですが、もう一回見直すとなると半年は欲しい感じですね…。

そんな感じで88点で。
スポンサーサイト

「ライアーゲーム -再生-」

自分が今映画を撮るとしたら絶対芦田愛菜と剛力彩芽だけはキャスティングしたくないガオー島田です。
二人が嫌いだからじゃないですよー。
意地です!

フジテレビにとって優良コンテツなんでしょうか?の「ライアーゲーム -再生-」を観て来ました。

あれ?芦田愛菜ちゃんがキャスティングされてるぞ!

TV放送時代から結構楽しんできたライアーゲームが帰ってきたって事で、前作戸田恵梨香編から二年が経った設定で新たに物語が始まったって感じらしいです。

主演は自分も大好きな多部未華子。
やはり演技がいいですね。
戸田恵梨香よりはキャスティング的には正しい感じがします。
(多部未華子も裏がありそうはありそうなんですが…)

行きはトラックに一人なのに帰りはバスとか、なぜか車が燃えてるけどゲリラ戦でもあったの?と言う工場跡とか、本当に気分とかノリで考えた舞台設定とかがどうにも引っ掛かりました。
ライアーゲーム見てる人はそれなりにいろいろ考えてしまう人だと思うんですが、なぜ単純な突っ込める余地を残してしまうのか…。

本編は椅子取りゲームのみと言う事で広がりがあったテレビ→映画の流れと比較してスケールダウン。
続きがあるって感じでも良かったような気がするんですが、一応シリーズ化を睨んでって感じなんでしょうな。
自分は寅さん的に続けてもいいんじゃないかと思いますが。

誰が考えたのかちょっとわからないキャスティングも疑問。
小池栄子とか要潤とか役者としていいんだけど、何か違和感が…。

更に芦田愛菜も意味不明です。
いらないキャラクターと言ってもいいのでプロデューサーがねじ込んできた感じなのかも知れませんね。
吉瀬美智子でええやんって感じです。
全く子供である意味がありません。
他にも、ただ見てるだけの福永(鈴木浩介)や渡辺いっけいとか「キャスト一新だとまずいよねー」って感じで付け足した感が満載でした。

演出の過剰さとか音楽の過剰さ、画面の過剰さと言う持ち味は健在。

お馴染みの感じようなオチへ繋がるのはさすがに飽きてきた人がいるかも。
ラストはそれなりに上手くまとまったと思います。

そこそこ楽しめたし、シリーズは続いて欲しいんですが、本作はぶっちゃけ見なくてもいいかな?ってレベルでした。
そんな感じで72点で。

「ドラゴン・タトゥーの女」

ローライズのズボン履いてパンツ見せてる男は死刑という法律を制定したいガオー島田です。
取り敢えずその法案だした政党支持します。

デビット・フィンチャー監督作「ドラゴン・タトゥーの女」">「ドラゴン・タトゥーの女」を観て来ました。

世界的ベストセラー「ミレニアム」シリーズの第一部の映画化ですが、どちらかと言うとスウェーデン版の映画のリメイク的な雰囲気。

そのスウェーデン版はDVDをレンタルで見ました。
スウェーデン版のイメージを忘れるぐらいキャスティングはハリウッド版がいい感じです。

で、そのスウェーデン版を観て今ひとつピンと来なかった私です。
陰惨な部分含めて最後はそれなりにスリルを感じたのですが、さほど感情移入出来なかったんです。

多分途中の復讐部分でみんな共感するというシステム(?)なんでしょうが、今ひとつ痛快にも感じず…。

で、ハリウッド版もやはり同じ印象のままでした。

結局の所見る前からのハードルの上がり方ほど面白く感じなかったと言うのが感想です。
どうもサスペンス物の評判いい原作は自分にとってこういうガッカリな感じになりがちです。

ココら辺のサスペンスを楽しむ感性が自分に無いのかも知れません。


スウエーデン版と比較してハリウッド版の方が最後が長く感じましたが、単に記憶が無くなってるかも知れません。
結構冗長な気がしました。

オープニング含めフィンチャー節は健在。


途中でボカシが入るんですが格子状のモザイクでビックリしました。
完全に日本のAV見てる感じになりました。
これは久々の興冷めっぷりでした。


ってな訳で個人的に75点で。
決して欠点がある訳じゃ無いんですけどねぇ…。

「TIME/タイム」

時間やお金よりもわたしゃも少し背が欲しいガオー島田です。


「ガタカ」や「ロード・オブ・ウォー」のアンドリュー・ニコル監督作「TIME/タイム」を観て来ました。

平たく言えば寿命が通貨の代わりと言うSF作品。
予告編がなかなか面白く、結構前から楽しみにしておりました。

世界観の設定や導入部などさすがにしっかり描かれており好スタート。

主人公は毎日が自転車操業で働き続けなければいけない立場。
家族同士で時間を融通しあったりしているという設定などなど、SFマインドを感じられる面白さです。

途中から主人公の逃避行が始まるのですが、そこからが中々ストーリーが進展せず失速。

ちょいネタバレですが↓




結局この映画の世界観のシステムがぜこうなのかと言った説明が無いまま終了します。



後半に面白味が無くなってしまうのが大いなる欠点だと思いました。

んんんんんんんん75点で。
プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。