スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アンノウン」「アジャストメント」

自称遊び人のガオー島田です。
街角であったら「金さん」と呼んでください。

リーアム・ニーソン主演の「アンノウン」を観て来ました。

リーアム・ニーソン主演でアクション映画的予告編だったので「96時間」組かと思ったのですが、ジョエル・シルバーによるダークキャッスル映画でした。
監督は結構評価が高かったホラー「蝋人形の館」や「エスター」のジャウム・コレット=セラ。
憶えにくい!

妻との旅行中、空港にかばんを忘れて一人取りに行くが途中事故にあい、4日間昏睡状態に。
妻の元に戻るが、妻には「知らない人」と言われ見知らぬ男が旦那と名乗っていた。

ってな冒頭から始まる話です。

オチはまぁありがちながらそれなりにまとまっていて面白かったです。

途中おいおいと思ってた所がちゃんと伏線になっていたりして楽しめました。


ただ、根本的な部分で話が成り立たないような気がしないでもないです。
簡単に問題を解決する方法をわざと避けてるような…。

基本頭からっぽで楽しむ型の映画なのでそのツッコミは野暮かも。

そんな72点で。


あぁああああああああああ
もういっちょ行くぞぉーーーーーー!!!!

ってな訳でマット・ディモン主演の「アジャストメント」を観て来ました。

こちらはフィリップ・K・ディック原作の「調整班」を映画化。

運命はこの調整班によって制御されていたって話です。
天使的な?
的なーにゃ

予告編を見た時から「超越的な存在ならなんで脚で追っかけてんねん」みたいに思ってた訳ですが、一応万能じゃない存在としてうまく設定が組まれていました。

ただ、いろいろな部分で「主人公に危機を陥らせやすい」都合の良さが気になりました。

万能過ぎれば主人公に勝ち目は無い、主人公にやられまくりならそもそも運命の調節なんて大それた事できねぇだろって話になってしまう訳で。

原作を読んでないのでわからないんですがエッセンス的には納得の行く設定ではあるんですがね。
(主人公の自由意思は自由意志では無い事をほのめかす設定)

でもラストはああだし…。

途中の展開も今ひとつハネない感じでした。

恋愛描写の方がていねいに感じ、むしろなぜ予告やTVCMでそこをプッシュしなかったのかが気になりました。

余計なお世話か、の65点で。
スポンサーサイト

「八日目の蝉」

「このサイトは音が流れます。音量に注意してください。」ってサイトの音楽が常に音量表示MAXなのが納得いかないガオー島田です。
おまえが注意しろよ!って突っ込みたくなります。

角田光代のベストセラー小説の映画化「八日目の蝉」を観てきました。

正直そこそこ評価のある小説がまたテレビ局でお金出してって感じの映画だろうな?って思ってたので観に行くつもりはありませんでした。
不倫した女性が不倫相手の家庭の子供を誘拐し育ててしまうというテーマそのものは面白そうですが、今ひとつ物語が面白く展開するような感じがしなかったってのもあって興味も薄まりました。

ところがいくつかの映画評で評価が高かった事もあり、それならばって感じで観に行きました。


結論から言わせてもらうと傑作でした。

誘拐犯の永作博美と大きくなった娘役の井上真央が交互に時代を交えて描かれる形になっていますが、素晴らしい伏線の張り方がされており唸りました。
なぜこのキャラクターはこういった行動を取るのか、なぜ思い入れがあるのか、なぜこういった感情になるのか?といった人間ドラマ部分の伏線の張り方が絶妙でいちいち感心しながら見てしまいました。

当初長めに感じた後半の描写もきちんとラストに向けて意味がある形になっているのも素晴らしかったです。


映画を観終わった後、原作をツン読しましたが、映画の方が出来がいいのではないかと思います。
小説の方がキャラクターに関する情報がも多いのですが、映画はさりげなく説明や描写がされていることもあり非常にうまく物語を積み上げたと思います。

これは脚本家の脚色の勝利だと思います。

脚本は女性ですが、それらがプロデューサーや監督など男性目線が入った事によって物語の説得力が増したのでは無いかと思います。
いくつかあった原作の欠点も綺麗に処理されていましたし脚色としては言う事無いんじゃないかと思います。

正直原作のラストは違うんじゃないかと思うので尚更映画のラストの余韻の評価が上がります。

役者も好演なれど井上真央の演技にいくつか?が
小池栄子が最近の映画業界では演技派というか安心して見られる存在になってますね。
(今回は明確なキャラクター付けがされており歩き方も食事の仕方も隅まで演出されている感じでした。)

劇場内はすすり泣きが半端無かったです90点で。

「エンジェルウォーズ」

以前財布を拾った時心の中の悪魔しか現れずネコババしそうになったガオー島田です。
俺の中の悪魔が「ネコババして見つかったら大変だぞ」とささやいたので警察に届けました。


「300」や「ウォッチメン」などビジュアルが凝ってるザック・シュナイダー監督最新作「エンジェルウォーズ」を観てきました。
予告編やらTVCMでパツキン少女が制服っぽいファッションで甲冑ロボみたいなのと日本刀で戦ったりしてるのを見たことがある人もいると思いますが、ソレです。

ビジュアル的にはかなりCG含め高いクオリティで、アクションも面白いです。
クールジャパンな感じが細部からも伺えます。
なんか明らかにキャシャーンの影響うけたような敵のやられ方もありました。

しかしこのビジュアルシークエンスが妄想という所が今ひとつスリルを感じにくい所だと思います。
(一応予告編でネタバレしてますが、これも知らせない方がいいような気も…)

本編のテーマも今ひとつ共感しにくいです。

妄想上のドラマで描かれたキャラクターが主人公にとって現実においても友人だったのか?
と言うのがハッキリしない故、ストーリーの展開にも疑問が残ります。

計算なんだろうとは思うんですが、ここはオーソドックスに感情移入できる形でシナリオをまとめた方が良かったんじゃなかろうか?と思ったりします。
正直オチもありきたりですし。


主役のエミリー・ブラウニングはかわいかったです。


こういう映画があってもいいとは言えますが、それと面白いかどうかは別問題な70点で。

秘め事

大阪まで2時間かかるのでウトウトしてたら、どこからか?けたたましくコブクロの着信音が何度も聞こえてきたので「コブクロは二回まで!」とキレそうになったガオー島田です。
電話に出るなら出ればいいし、電話取らないなら電源をオフにするとかマナーモードにしてもらいたい物です。


ブログをサボりすぎて何を書いたか書いてないのかわからんレベルになってます。

やっぱりどっか行ったり何かした時はブログに書くべきでした。

反省してます。

熱い鉄板の上で土下座したい気分です。
(最近漫画喫茶でカイジを読破しました。)


俺様の歴史のミッシングリンクを埋めさせてもらうぜ!


2月26日
3DSを買う
3Dマニアなので当然発売日に買いました。
思ったよりも奥行きが薄くてしょぼん。
でも手軽に3Dが楽しめるのはいいです。
レイトン買いました。
うーん…。
すれ違い通信が楽しいです。

が、3月の時の方がむしろいっぱいすれ違ったのに4月あたりからガクンと減った気がします。

ただしSKE48握手会では大活躍!


4月23日
思いつきで伊勢神宮へ行く
友人とおっさん二人で行ってきました。
伊勢うどん食べました。
フワフワッ!


5月1日
チームN名古屋出張公演へ行く
絶賛SKEの公演が当たらない中、かなりの倍率となったらしいと噂されるNMB48チームNの名古屋サンシャインサカエでの出張公演の一回目に当選して行ってきました。
97番でしたが勝手がわからない大阪の人も多かったのか柱前の二列目で見れました。
NMBの公演はこれで4回目。


5月7日
SKE48「バンザイVenus」(劇場盤)個別握手会@大阪へ行く
抽選にハズレて中途半端に買ってしまった3枚のために大阪へ行ってきました。
若い人が多すぎてかなり場違いな雰囲気。
チームEのリーダー梅本まどかちゃんに3ループです。
最後に「ばっかじゃないの!」って言ってもらって来ました。
顔は本気でした…。


5月8日
SKE48「バンザイVenus」(通常盤)追加握手会@名古屋へ行く
この前の時は冗談で言ってましたが、前日の3ループが効いたのか初めてメンバーに憶えられてました。
自分を見つけて遠くから手を振ってくれたりして「やべぇこりゃ泥沼の始まりだぞ」とニヤニヤして自分が気持ち悪かったです。
平松可奈子&後藤理沙子ペアと梅本まどか&木本花音ペアと握手して来ました。




何だこのゴールデン・ウィークって感じです。
忘れてる何かがあるような無いような。
思い出したらまた日を改めて書こうかと思います。

ハイキングウォーキング単独ライブ「根斗百烈拳3」~新作コントツアー~

芸能人の名前レベルではなく日常生活における行動すらド忘れするようになったガオー島田です。
酒も入ってないのに同じ事を繰り返し言うようになったら注意してください…。

思い付きでハイキングウォーキング単独ライブ「根斗百烈拳3」~新作コントツアー~">ハイキングウォーキング単独ライブ「根斗百烈拳3」~新作コントツアー~を観に行って来ました。

以前町内会みたいな集まりがある事を忘れて二丁拳銃のチケットを取ってしまった事を激しく後悔していらい「絶対誰か面白そうな単独ライブがあったら行ってやる。」と飢えていたものと思われます。

前説&共演はピクニック

いつものタイプのコントを最初と最後にショートコントや実験コントアドリブコントなどを混ぜつつ125分やったらしいです。(当初は83分)
単独ライブコントツアーの初日が名古屋って事でいろいろ模索してるような事も言ってました。

観客は女性が95%と言っていい状態だったので変に注目されると恥ずかしいなって思ってましたが、そうでもなかったです。
あ~イケメンじゃなくて良かった!

場所はウワサの観覧車があるサンシャインサカエ。
SKE48のシアターです。

びっくりしたのがSKEの公演よりも座席の数が多かった事です。
あと座席そのものが違ってました。
異様に低いので膝がお尻より高くなってしまいます。
長時間座っているとツーケーが痛くなってきて辛かったです。

気になったのはマイク無しだった事ですかね?
正直最初は聞き取りづらくてイラッとしました。

以前のよしもとプラスでは普通にマイク使ってたはずなんですけどねぇ…。
(と言うか前説ではマイク使ってたんですが)

複雑なボケも多く面白かったんですが、きちんと突っ込まないと笑わないっていうお客さんが多かったです。
明らかにお笑いマニア女子なんですけどね。
(大半の娘がアイドル視、追っかけ気味って事なのかも知れませんが)
以前観に行ったよりはお客さんのマナーも良かったです。
(メジャーどころなのでマニアの割合が少なかったって事かも…)

この後行く地方でいろいろ変わって行きそうなので他地方観に行く方は期待してください。

「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」

時間があったのでちょいちょい話題になっていた「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」を観て来ました。

このいかにも映画秘宝臭がするというか柳下毅一郎的と言うか町山智浩的でも何でもいいんですがそんな感じの映画です。
ゲームやら日本のコミック的表現やらを映像で表現しつつ主人公が邪悪な元カレ軍団とスーパーバトルを繰り広げる映画です。

監督は「ショーン・オブ・ザ・デッド」のエドガー・ライト

これだけ聞くとかなり面白しろそうでしょ?


ところがどっこい。
くすぐり的に笑いもありますが、正直退屈な映画でした。

向こうのセンスみたいな物があり字幕を通しても伝わらないニュアンスがあるのだと思いますが、どうにもノレない映画でした。

個々の部分部分では、凝った撮り方もVFXも目で見て楽しめるんですが、じゃあそれでどういった物語を紡いでるかって言うと驚くほど中身が無いって言う。
そう言う映画だって言えばそうなんでしょうけど、もうちょっと楽しめるストーリーにできると思うんですけどねぇ…。

映画代金を払うとき今日が1日で1000円デーって事をすっかり忘れてたんですが、1000円で良かったと感じました。

同居のゲイも妹ももっとネタが盛れるのに。

そんな不満だらけの65点で。
所々の小ネタは嫌いじゃないです。

「G A N T Z PERFECT ANSWER」

ウィリアム王子のように民間の女性と結婚したいガオー島田です。

またしても中途半端なスペシャル編とかやりやがって前回の映画見たからそんなもん見せられても困るんだよと言いたい「G A N T Z PERFECT ANSWER」を観て来ました。


ぱ、ぱ、ぱーへくとあんさーっちゅうタイトルがついてるっちゅう事は何もかもスッキリさせてくれるんだろうな?と期待したわけですが、その願いも虚しく…。

根本的な謎は放置され、前篇の最後に流れて予告編のわくわくは途中で消え去ると言うあまりいい形でのストーリーではありませんでした。
何か意味ありげで全然大した事が無いタネと言うのが困り物です。
せっかく出てきた山田孝之などはほぼストーリーに必要が無いキャラクターでした。

もっとSFとその広がりから与える社会の影響であるとか面白く出来る余地がいっぱいあるのにと思うと残念でありません。

特に地下鉄も商店街のシーンもアクションの組み立てが素晴らしく練られており海外にお出ししてもちゃんと通用するクオリティなのでなおさら惜しいんです。

脚本の精査が足りないというのが一番の問題だったろうと思います。

松山ケンイチが空気過ぎる展開に唖然。

アクションシーンのクオリティに免じて70点で。

SKE48コンサート「SKE48に、今、できること」

おいしいイチゴの季節ですね、と乙女トークが流暢なガオー島田です。

4月29日にSKE48コンサート「SKE48に、今、できること」へ行って来ました。

自称Mなので昼夜二回立ち見なのに行って来ました。

ただでさえキツイ立ち見で、さらに殆どステージが見えないっていう事で辛さが倍増です。

正直もうZepp NAGOYAで混雑するライブは絶対行かねぇ!と心に誓ったタイミングでSKE48Zepp全国ツアーとかの発表がありました。
最前が取れる番号が当たったら観に行きますが、もうホールで定着させてくださいよー。

感想としてはシャッフルユニットとかで研究生もいっぱい出たのでうれしかったです。
かおたんと今出がはーちゃんのアンダーだったのもうれしかったです。
はーちゃんが急病で出れなかったのが残念ですが。


以前と比較してサイリウム・振りコピ・ケチャする人が各段に増えて、そっちも気になって疲弊しました。
Perfumeに対しては積極的にノってた癖にねぇ。
プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。