スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白夜行」

行く先々でジーンズのチャック全開で世間にシークレットゾーンを見せ続けているガオー島田です。
ガオーはおっさんレベルが10アップした。

いろいろ片付いたので結局映画を観て来ました。

東野圭吾原作小説の映画化「白夜行」を観て来ました。

友人から「東野圭吾好きだよねー」とか言われるんですが、小説は読んだことが無いです。
東野圭吾原作ものの映画やドラマは大好物です。

「白夜行」はTBSで放映されたドラマ版が大好きでした。
DVDBOXは今でも買いたいぐらいです。(中古で…)

TVドラマ版は大胆な変更で、完全に原作のコンセプトを無視しちゃった訳ですが、原作のエッセンスをむしろ第一話(二時間)で凝縮して見せちゃったって感じでしたね。
私はそのあとのストーリーも大好きですが…。

今回の映画版は原作に忠実らしいとの事。
正直このキャスティングは無いだろうと。
堀北真希とかイメージ合わないし、船越英一郎とか土曜ワイド劇場かよ!って突っ込みたくなる感じです。
その原作通りは手抜きに、ミスキャストは上からの圧力、って感じで観る前はどうせだめなんだろうなって感じで観に行きました。


ところがどっこい!
これがびっくりするぐらいの出来でした。
主要キャスト以外の驚くほど素晴らしい脇役陣が「誰それ?」ってレベルながら素晴らしい演技を見せてくれます。
セリフのタイミングなどハッとするような描写も多く、編集も素晴らしいです。
冒頭の戸田恵子とか凄かったです。
船越英一郎もそこまで安っぽさも無くまずまず。
ただ堀北真希だけはどうにもしっくり来なかったです。


監督誰だよ!
深川栄洋!?
知らねぇけど憶えてやるよ!ってなもんですよ。

ラストにちょっと唐突さを感じたのは脚本の組み立てにもうひとつ足りない所があったかも知れません。
しかし、そうした欠点を吹っ飛ばしても素晴らしかったです。

客が気付いて「もしかして」と思えるレベルの演出がてんこ盛りで、まさしく映画館の暗闇でこちらの五感(つか視力と聴力ですけど)を働かせて楽しめる映画となっています。
音楽の使用も極力排除しているのもプラス。
「白夜行」というフィクションが初見の方は見直すとたくさんの発見があると思います。
細かな場所できちんと描写されてて唸りっぱなしでした。

うーんこんな若手監督がいるとは…

予告編を観て「観る前からどんな映画かわかるわい、絶対観ねぇ!」と考えていた同監督作「洋菓子コアンドル」も観に行こうと思います。

ひとつ気になったのは昭和55年あたりの描写ですかね?
あそこまでボロボロな所はそうは無かった気も…。
ビールの缶が新しいタイプだったり、とかその辺も。

あまり評価が聞こえて来ない事に納得がいかない85点で。
ホリプロ制作のくせに良かったです。
スポンサーサイト

PS3壊れた

底が硬いブーツ履いてたら足が平らになってしまったガオー島田です。
フローリングの床だと足と床の間が真空になりそうです。


日記です。


実習の兼ね合いで金曜日が休みでまたしても3連休なのですが、またしても映画は見れそうにもありません。
近所の集まりとかいろいろ大変なんっすよ。

免許はようやく更新して来ました。
知らない間にいろいろ法改正があったんですねぇ。
中型免許とかICチップだとかちっぷんかんぷんでした。(捨て身のダジャレ)

まだやる事が残っててどうにも羽を伸ばしずらい状況です。


と言いつつ、本日はSKEの研究生公演に行って来ましたが…。
現在研究生は10人ですが、出られない人もいる結果、SとK?から補充して16人での公演。
自分的にはなかなかいいメンツが揃っていて最高に楽しめました。
先月は一回しか当たらなかったわけですが、今月はこれで3回目って事で毎月これぐらい当たるといいんですがねぇ。
つか働き始めたら平日は行けそうにない訳ですが。


友人とかから「大阪はどうだった?」とかちょっとSKEを知ってる知り合いから「チームEはどうだった?」みたいな話を聞かれました。

チームEの公演は2月8日に二列目で観て来ました。
さすがにAKBにおいて神公演と称えられる公演で、いいメロディーの曲が多い事や、凝った構成の曲が多く面白かったです。
実際は公演見る前にDMMの配信で一回見てしまいましたが…。

MCに関してはまだまだって事で半年ほどしたらキャラクター付なんかも出来て楽しめるようになるんだろうな、なんて考えたり。

それにしても公演当たらなくなりましたねぇ…。
現在は10倍ぐらいらしいですが、そう考えると今月は当たってる方ですが。
来月にシングルが出るので、また頭を抱える事になりそうです。

そのシングルですが、ナチュラルに複数枚予約してしまいました。
人気メンバーの握手は3次申込まで落選し続けました。


で、大阪の感想も。

実は先月お正月1月3日にNMB48の公演「誰かのために」を観に行って来ました。

ともかく劇場が素晴らしかったです。
全席座席ありで、しかも傾斜があり、どの席でも人の頭で見れないなんて事は無く、ステージも広く踊りやすそうでした。
公演自体も面白く感じましたし、みんなかわいらしいですね。

ただMCはチームEと同じでまだ個性とかが発揮できておらず面白くありませんでした。
この場合、関西弁というのはマイナスに作用しちゃうかも知れませんね。
(関西弁なのに面白くないと言う森末慎二状態。)

あとステージが広すぎる結果、迫力に欠けるってのもあるかと思います。
これは逆にSKEがなぜ公演の評価が高いのかと言うと、その狭さがある種の臨場感を生み出している感じがするんですな。
ステージの情報量が一見して濃く見えるという怪我の功名みたいな所です。
客席の密集感もたがいの熱気が伝わりやすく、ライブの臨場感という意味でもプラスになります。
立ち最前列などは指定では無いので常連が集まりやすく騒ぎやすいってのもライブの熱狂にはプラスです。
意外にも劇場が狭いってのは利点になるのですね。

ただ公演が観たいって言う普通の客にとっては迷惑でしかなかったりする訳ですけどねぇ…。

話逸れましたが、NMBの公演は今のところコンサートっぽかったです。
会場が整い過ぎているから、っていう点でそう感じるだけですけど。
最前列の人は中央でも、その広さゆえ上手や下手のメンバーが遠く感じるんでは無いでしょうか?
もちろん逆に言えば、照明・ステージのゴージャス感という面では完成度が高いです。

座席の不平等感が少ないので、地元だったら通いたいぐらいですが大阪は近いようで遠いですなぁ。
それ以前に全然公演が当りませんけど。

関西のAKBファンがNMBを観に行ってると思いきや、関西・名古屋のSKEファンが多く来ていたという事は列に並んでいる時に方々の会話でわかりました。
公演を盛り上げているのもSKEファンが多かったなんて報告もあるようです。
(その辺の人たちは例外無くAKBの公演行ってた人たちでもあるとは思いますが。)

メンバーのパフォーマンスに関しては噂通りダンスが上手い娘たちが多く非常に完成度が高かったです。
まだ体に刻みこまれてないせいか、後半に表情が作れてなかったり、息が上がっているメンバーも多かったです。
汗だくな姿を見ると「若いっていいよね。」と呟いてしまいます。
MC含めてこれからどんどん成長していくかと思います。
半年後に観たいですが、今ですらチケット当たらない状況なのでどうにもならん気がしないでも無いですが。

帰りはハイタッチそして、客が16人ずつで区切られて先頭の人が一番前のメンバー前まで辿り着いたら、メンバーに背を向けて、肩をトントンされます。
この肩叩きって何ぞ!?って気もしますが、SKEが単なるお見送りって事を考えると非常にうらまやしいサービスですね。

劇場の広さのメンバーを遠く感じるにも関わらず、帰りにはかなり密着度が増す仕掛けになっている訳です。

それどころじゃない。

5歳ぐらいの男の子に思いっきり股間を鷲づかみにされたガオー島田です。
おもわず「だめ…」ってつぶやきました。

3連休なのに映画一本も見てないです。
いろいろやる事があったんですよ。
そうそう。

職業訓練もそろそろクライマックスって所で残すは座学(後に資格試験がある)と現場実習を残すのみとなりました。
もともとヘルパー二級を持って福祉用具専門員の資格を取りに来ていた人などは就職も決まり一か月を残して卒業、その他既に12月より職探しをしている人々も結構就職が決まっているみたいです。
自分はのんびりし過ぎですな。

なんかいろいろとまとまってお金が入ってきたりして、どうも危機感が無いんですよ。

で、現場実習で必要なものであったり、資格試験のための復習だったり、またしても前の会社から仕事もらったり、免許の更新をすっかり忘れてたりでいろいろバタバタしてます。

その割に海外テレビドラマのDVDをレンタルし過ぎってぐらい同時進行中で借りてます。
24のファイナルシーズンを観終わってからは、
「Lie to me 嘘の瞬間」シーズン2
「HEROES/ヒーローズ」ファイナルシーズン
「デクスター」シーズン4
「ハーパーズ・アイランド 惨劇の島」

ここら辺をランダムに借りて見てます。

基本一話完結ものはあまり見ないんですが、ティム・ロス主演の「Lie to me 嘘の瞬間」は面白くてハマってます。
人間が嘘を吐くときなどの微表情やら態度をめっちゃ研究している博士の話です。
アメリカのTVドラマはこのレベルの人間ドラマがサクッと出てくるから凄いっすな。

もうネタ切れじゃないかと思っていた「デクスター」のシーズン4も面白いです。
語れる事はシーズン2あたりで終わったって気がするんですがそれでも掘り出してくるってのは感心します。
猟奇殺人に興味がある方はより楽しめると思います、ってそんな人はそうそういないっすかね?

「LOST」のファイナルシーズンは楽しみ過ぎて取ってあります。

いやー観たい映画もたまって来てるんですがねー。
困った困った

新しいメガネ買いました

制服ファッションならどんな女性でもいいと思うガオー島田です。
女子高生が好きなんじゃないんです、あくまでも制服姿が好きなんです。
そこら辺よろしくお願いします>警察関係者の方々
ナナちゃんかわいいよナナちゃん

そろそろ免許の更新が近付いているので、恒例行事でメガネ買って来ました。
最近っぽいシャレオツメガネにしてみました。

メガネの画像は無し!

本日は久々にSKE48チームS「制服の芽」公演へ行って来ました!
すんごい久し振りっていうか、1月公演少なすぎ、抽選当たらな過ぎ!って感じです。

しかも本日は12番!
どいつだったか特定してもよくってよ!
2番と7番の人が来てなかったので実質10番!

二列目がベストポジとか言いながら最前で観て来ました。

最前列の誘惑に勝てませんでした…。

写メ会と握手会を通過して来た俺様にもう怖いもんなんか無いぜ!
だーすーとかゆりあがしゃがんだ時にガンガン目線合わせて来ても目をそらさなかったぜ!

下手側で見てたんですが、やはり上手側はよく見えなかったですね。


で、本日の公演はユニット曲のシャッフルの初回って事で、記念公演的なもので最前列とはありがたいこっです。
1月中に正規ユニットポジで見たかったという気持ちはありますが、何にしろ早めに見れてちょっと優越感に浸ってます。

そしてサプライズで新曲も披露(KⅡメンバーとEメンバーと言っても木本花音だけですがサプライズ出演)そして、私が参加したPVも初披露してました。

自分、全然映って無かったよ!

DVDで見る時にはコマ送りして探す予定です。


当選する時は立て続けになるのが風習なんでしょうか?
2/8のチームE「パジャマドライブ」公演もなかなかの良番で当りました。

公演が当たらなすぎてファン辞めようか(安易すぎ)って感じで気持ちが萎えて来た頃にこの当選…。
いやらしいわね。

「RED」

恵方巻きを買ってきてわざわざ細切れに食って「てめぇの策略には乗っからないぜ」と言いながら食べたガオー島田です。
買った時点で策略に乗っかってる事に後で気付きました…。

アメコミ原作の映画化「RED」を観て来ました。

ゴールデングローブ賞にもノミネートされて批評もまずまずって事でそこそこ期待して行ってきました。

なかなか面白かったです。
ゴールデングローブ賞でもコメディ&ミュージカル部門のノミネートでわかる通り、結構コメディでした。
が、意外にハードボイルドな部分がかっこよく面白かったです。

アクションの描かれ方がシビアである部分とコメディ的な殺され方がされている所もあったりで楽しませてくれます。

ただ前半で描かれていたブルース・ウイリスの超人的なCIAっぷりみたいなのが、後半では全く描かれていないのが残念。
でも後半がつまらないか?っていうとそういう訳では無いんですけどね。

コメディ部分ももうちょっと落とす事ができるネタふりがあるのに、とちょっと惜しい感じがしました。

続編の企画が既に立ち上がってるみたいですが、これは観たいと思わせるキャラクター設定だと思います。

充分合格点の78点
プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。