スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白いリボン」

ミヒャエル・ハネケ監督作「白いリボン」を観て来ました。

いろいろ噂には聞いていたミヒャエル・ハネケの映画を初めて観て来ました。
カンヌでもパルムドールを獲っていたり、評価も高かったり、自分の好きな暴力であるとか人間の醜さ的なドラマが描かれてそうだったり、などなどで楽しみにしてました。

正直、わからんかったです。

二十代前半はミニシアター系の映画によく行ってましたし、十代はわからないなりにゴダールとかその他かじったりしてた自分です。
後々ミニシアター系はハズレると大変な苦痛を伴う事が多くなり、手を出すことを控えめにして来ました。

静かなドラマも好きだし、省力の美学も、長回しのショットの緊張感も、大げさなBGMが無くても、って点では普通の人よりもミニシアター系人間ドラマに対する感受性みたいな物はある方なんですが、この映画はわかりませんでした。

わからないってのは物語が理解できないって言う訳では無く、どうしてこの物語を切り取ってフィクションとして描き上げたのかってのが理解できなかったんです。
絶賛されている文章を読んでもどこに価値観を置いて評価しているのかがいま一つ理解できず。
強いて挙げればナチス以前のドイツの空気って事なんでしょうが、どうにもここに描かれている物語にドイツ独自の不穏さってのを汲み取れませんでした。

自分の理解力の無さなのかはわかりませんが、以前の村の状態も描かれていないし、疑心暗鬼になっている村人も描かれていないし、そういった人間ドラマのスリルが無い点でどうしても興味を惹かれる所がありませんでした。

暴力を直接描かないで暴力の怖さが描かれるってのはあると思うんですが、不穏な状態を直接描かない事で不穏が理解できるか?って言うと自分は違うんじゃね?って気がするんですが、う~~ん…。

「見えないものを見ようとすることで、見えてくるものを見てください。」
と監督はおっしゃってますが、自分には見えなかったです。

と言うか、自分は見えてると思ってますが、そこに価値を見出せないって感じてますが…。

新しいメガネを買って来ようかと思った60点で。
あ、ちなみに自分は退屈はしなかったです。

これだけいろいろ排除(モノクロ、BGM無し)して描けば能動的に見ざるを得ないからだと思いますが、正直そういった手法は嫌いな手法の一つだったりします。
スポンサーサイト

「キック・アス」

小野晴香さんに思いっきりヒールで足を踏まれたいガオー島田です。

やっとこさ名古屋でも上映が始まったウワサの「キック・アス」を観て来ました。

東京での上映では大入り満員だそうで、映画秘宝的サブカル好きな人が大挙して来てるらしいですねぇ。
米国でもタランティーノとかスティーブン・キングが去年の10本に入れたりして評価してたりします。

前日も書いた通り、どうも評価が高いと斜に構える私、特にサブカル系の評価に対してが一番厳しい態度を取るのが俺の生き様。
「まーた大した事ない映画に大騒ぎしてんじゃねぇだろうな?あ~ん?」的な態度で観に行った訳です。

そしたらさー、これが面白かった訳さー

コメディタッチのヒーロー物なれど毒と狂気もありよっていう素晴らしい映画でした。
テイストとしては「ギャラクシークエスト」っぽい感じがしますが、あちらはちゃんと感情移入させて普通の人にもお勧めできる映画になっていますが、こちらはその筋のものが好きじゃないと「これはちょっと…」っていう抵抗があるかも知れません。

確かにコメディなんですが「これはちょっと笑えんわー」って言う描写や設定も多数。
シリアスな時にも笑いがあったんですが、客席の反応は薄くて、笑ってる自分が空気読めないみたいになってました…。

最終的にはハリウッド的な王道感のある映画になっていますが、途中は既存の感覚では創り得ない設定とストーリーでどこに着地するのかって点でもスリルがありました。
そう言った意味では途中まで絶賛状態だった自分ですが、後半につれてややテンションが落ち着いていった気もします。

後半部は予想通りにストーリーが展開するのでそこが残念でした。

だがしかし、これは無類のエンターテイメントだと言える傑作だと思います。

3月にブルーレイ&DVD化されちゃったりしますが、映画館で見ようぜ!

そんな映画にはひさびさの高得点94点を差し上げちゃうぜ!

「ソーシャル・ネットワーク」

最近「SKEの公演当たらねぇ!」と独り言が多いガオー島田です。
横でぶつぶつ言いだしたら遠慮なくビンタしてください。

あ~~~~!
サイゾーナイト整理番号一番の呪いですかね?

そうそう1/18にSKE48の3/9発売の5thシングルPVのエキストラへ行って来ました。
集団なので多分映ってないでしょうが結構楽しかったです。
現場ではちょっとうれしい事もあったり…。
瀬戸市役所さんお弁当ありがとうございました。

さて、mixiほったらかしの私が「ソーシャル・ネットワーク」を観て来ました。

デビット・フィンチャーの最新作って事で、自分ならそりゃどんな映画でも観に行くだろうって感じですが、その前にこの映画自体が驚くほど絶賛されています。
現状でアメリカの賞レースは総ナメ状態。
各地の批評家賞もゴールデングローブ賞もこれ一択!
自分の記憶では作品賞を取れてない賞が無かったはず。
ここまで無敵な作品も久々だと思います。

しかし今までの経験から行くとそういった映画は、どうもピンと来ないって事の方が多いです。
期待値が高すぎるって事なんですかね?

でこの映画、不満は少しあるんですが、かーなり面白かったです!

非常に情報量が多い事やら、過去と現在を行き来したりするので、かなーり能動的に見ないと行けません。
が、ぼーっと見ててもキャラクターの個性の面白さで引き込まれるかと思います。

真実ベースながらかなり面白おかしく盛ってるという話ですが、ディティールに関してはかなり綿密に調べ上げたという話です。
ちょいと翻訳がわかりやすさ優先で「あれ?」って所もありましたが許容範囲かと。

ひとつだけ不満を申せば、もう少し続きが見たいって所です。
裏を返せば最後がいま一つ物足りないって事だったりするわけです。
最後にひと山嘘を付け足せってのも真実ベースだと話が違うんで難しい所ですが、そう感じたのはたぶん宣伝において、ほぼあらすじを語ってしまっているからだと思います。

予告編はあまり見なかったんですが、あのTVCMは感心しないねぇ…。

フィンチャーの前作「ベンジャミン・バトン」が今一つに感じた自分には最高に楽しめたので85点で。

第3回サイゾーナイト「SKE48の"一緒に学ぶ"二次元講座2nd〜アニメで酔える新年会〜」

本日JR大曽根駅で始発電車を待っていたらホームに吐かれたゲロが凍っていて、意外に綺麗だなと思ったガオー島田です。

雑誌サイゾーのライブイベント企画第3回サイゾーナイト「SKE48の"一緒に学ぶ"二次元講座2nd〜アニメで酔える新年会〜」へ行ってきました。

出演は私のお気に入りのK'z Station3人組である中西優香・平松可奈子・古川愛李。

前回は昼と夜の二部で新宿ロフトプラスワンという狭い場所でギチギチに詰め込んだ幹事でしたが、今回はキャパ500(スタンディング)の広めの会場で、SKEで一番人気である松井玲奈がいないと言う事でチケットは余裕で手に入りました。
というか前回は早い者勝ちで転売屋さんが殺到したっぽいですが、そんなにチケットのオク相場が高騰しなかった事もあり、今回は転売屋さんも少なかったみたいです。
つか抽選でした。

つか、私チケット1番でした!

ありがたい事です。
SKE関係では3回目の1番って事で意外に運が良い感じです。

前半はニコニコ生放送されており、会場でもモニターが表示されてコメントが流れていました。
後半はゲストに前回にも呼ばれていた杉作J太郎氏とのトークといった形式でした。
司会も前回と同じく人力舎芸人のブルーセレブ内間一彰氏。

本日は平松可奈子さんが絶好調だったようで、会場は爆笑の連続でした。
前回と比較して一部のみで半分の時間、さらに豪華ゲスト(失礼)もいないって事でかなりのパワーダウン。
サイゾーのグッズが思ったように売れなかったからですかね?

前半では非常にやっかいでマナーを守らないオタクがおり、非常識な野次を飛ばしていました。
何度か怒鳴って注意しようとそのチャンスをうかがってましたが、後半が始まる前に司会の内間さんから注意があるとピタリと止まりました。

以前女性お笑いオタのマナーを批判しましたが、やっぱりアイドルオタの方が酷いです。
正直それにうんざりしてファン辞めそうなぐらいです…。

「アンストッパブル」

24のラストシーズンの最初の方がようやくレンタルで旧作扱いなので借りたら、結局続きが気になって後半を新作料金で借りてしまい、まんまとレンタル屋さんの策略に嵌まり込んだガオー島田です。
う~ん、馬鹿馬鹿!

デンゼル・ワシントン主演トニー・スコット監督作「アンストッパブル」を観て来ました。
やっぱり映画ブログは最新作を早めに観ないとね(^o^)b

こちらの映画、アメリカではちょいコケちゃったみたいですが、批評家からは絶賛されておりまして、結構期待しておりました。
で、評判通りよくできたアクション映画になっています。

元が真実と言う事もあり、細かなディティールが良く描かれてます。
短い時間に登場人物の日常が描かれており、その類推できる日常にあるある感があり、感情移入しやすかったです。
どこまでが脚本の力なのか真実なのかはわかりませんが、お偉いさんの描写など含め短い時間ながら情報量が多くて楽しめました。

正直に言うと、派手すぎてリアリティ無いって描写も無い訳では無いんです。
実際元となった事件と比較してもかなりのスリルとアクションになっちゃってます。
元の事件はほとんど犠牲者が無かったようです。)

で、日本でも辛口の評価が多いファミ通の映画評でも9点ついていたこの映画、自分的には少しスリルに身を任せる事ができなかったです。
特にこの映画に大きな欠点があるとは思わないんですが、ノレなかったって感じです。
「どうせ助かるんでしょ?」的なのもあったのかも。
ハリウッド映画でそれ言っちゃおしまいって気がしますが。

そんな感じで80点で。

「トロン:レガシー」

吊革に捕まって電車に乗ってたら、目の前で座ってる男性が前にこっくりこっくりしだしたので、倒れて来たら頭をわしづかみしてやろうと待ち構えていたガオー島田です。
説明長いです。

「トロン:レガシー」をIMAX 3Dで観て来ました。

前作のトロンを結構いい加減に見たので、続編なのかリメイクなのか把握せずに見てしまいました。

目を引くのはやはりビジュアルでしょうか?
そしてダフトパンク含むデジタル音楽も心地よいです。

じゃあ中身は?
と言うとこれまた普通のアクション映画でした。

息子と父の再会みたいなのを何とか全面的に押し出して女性客にもアピールしたげな感じの予告やらCMでしたが、完全に取ってつけたような感じで、特別感情移入しやすい物語では無かったです。
導入部とコンピューター世界の導入など面白い演出はありましたが、どうしてもドラマ部分が弱いです。

途中に出てくるキャラクターが面白いんですが、その辺も全編通して出るような形にすれば結構面白くなった気がします。
敵のやり口がもっと不条理だったり、無感情だったりって部分を徹底するとか?
そのコンピューターシステム内の人たちの感情(どういう欲望を持っているとか?)の設定がわからないので、スリルを感じさせるべきところでスリルを感じれなかったりなどなど。

SFであるが故の面白さっての死んでいる感じがしました。
ディズニーがファミリー向けって事を意識したのかも知れませんが…。

やられたプログラム達が格子状に吹っ飛ぶなどのビジュアルイメージが気持ちいいだけにそこらへんが残念。
セオリー通りの主人公の苦難を描くよりも、主人公がこの世界で無敵レベルという設定にしてビジュアルで押した方が良かったんじゃなかろうか?と素人考えを書いておきます。

ラストなんかは嫌いじゃないんで72点

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

いろいろとサボり癖がついて大変なガオー島田です。
なぜバタバタしてるのにいろいろ引き受けてしまったんやろ…。

ウワサの「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を観て来ました。
観に行ったの年末なんですが、サボってすみません。

言わずと知れた歴史に残るアニメ「宇宙戦艦ヤマト」の実写版って事でいろいろな意味で期待してました。
監督・VFXは「3丁目の夕日」の山崎貴士って事で、まぁビジュアルに関してはそこそこの水準だろう、ただ本編はどうかな?って感じがその時点で読み取れてしまう感じです。

で実際の本編もそんな感じの出来でした。
脚本は「エコエコアザラク」のイメージが強い佐藤嗣麻子ですが、意外にきちんと伏線が貼ってあり上手く回収したり、小道具もちゃんと思い出した頃に上手く使ったり等々細かな点では悪くなかったんじゃないかと思います。
アニメ版の第一作目と第二作目を混ぜたような内容って話はうっすら聞いていたんですが、それだけでなくいろいろと設定の変更がされており、意外に上手くまとめたなと感じました。

じゃあ面白いのか?と言うとそこが違う
一作目と二作目を混ぜたのが構造的にダメだった理由だと思います。
一作目は完全に絶望的な所からハッピーエンドになり、その影で沖田十三の犠牲がひっそりと描かれるという余韻があり、大きな感動を生んだと思います。
で二作目ってのは地球が平和ボケみたいに描かれ、強大な敵にわが軍の精鋭宇宙艦隊全滅っすよ、みたいな所から「われわれにはヤマトがある」と言う最後の手段的な逆転と自己犠牲が相まって感動するっていう構造がありました。
じゃあそれを混ぜていい所取りをしたら面白くなるのか?って言うとそうはならない訳ですな。
ネタバレになるので書きませんが、ナニのオンパレードになってはナニ描写が軽くなるばかりで客は危機を感じにくい訳で。

ストーリー全体の構造を俯瞰して、そこに快楽があるかどうか図れなかったと言うことで、そこら辺は監督とプロデューサーの責任かと思います。

その他、設定上で明らかな欠点もありました。
そこがガミラス星でのアクションシーンに関わってくるので気になって仕方が無かったです。

演出もいろいろ頑張ってるんですが、いくつかミスも多かったと思います。
命をかけて瀬戸際を守るってようなシーンの演出も、敵が押し寄せるカットが無いので、何銃撃の前に出てんのよ?って感じたり…(後から押し寄せるショットがありましたが)。
あとラストももっとウェットにしちゃっていいと思うんですけどねぇ…。

感情移入を段階的にさせるように配慮してあったり、VFXは日本の映画では頑張ってる方だったり、いくつかは上手い描写もありました。
ヤマトを実写化する重圧であるとか、どこが正解なのかって事を含めてスタッフは頑張ったと思います。
ヤマトファンを逆なでするような無神経な映画ではなかったと思います。
個人的にはヤマトのテーマが流れるだけでジーンと来るものがありました。
ただ全体の構造に大きな欠点を抱えてたのではないか?というのが感想です。

スタッフには敬意を表したいんですが、それが映画の出来に直結するとは限らない70点で。
プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。