スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SKE48コンサート「1!2!3!4!ヨロシク!勝負は、これからだ!」

フレッツ光の勧誘がうるさいので「フレッツ光で契約しています」と書いたプラカードを掲げて歩きたいガオー島田です。
あと「うちは絵を買うほど裕福じゃありません」というプラカードも作りたいです。


11月27日SKE48コンサート「1!2!3!4!ヨロシク!勝負は、これからだ!」を観て来ました。
天下のマイクロソフト様が提供してくださいました。
なんか、ありがとな!ゲイツ(今関係無い人だった)

初めて愛知県芸術劇場大ホールに行ってきましたが、5階まであってなかなかいいホールですね。
昼は3階R-2、夜は運良く1階4列でした。
2階が1階の後方にあって、実質1階って感じなので、3階は実質2階だった事です。
ちょいとストレンジ
R席は真横で、ステージにも近い席だったんですが、見難い席でした。
体勢がきつかったです。
1階4列ですが、最前が2列になっているので、実質3列目っていうこちらもストレンジな感じでした。
スピーカーの真ん前で翌日まで耳鳴りがある違和感がありました。

思い入れのあるメンバーがちゃんと活躍したり、好きな公演曲やられたり、AKBの公演曲やられてポカーンとしたり、楽しかったです。

おしまい。



で、先日シングルがキャラアニから届きました。

欲しい方は連絡ください

CD屋さん開業だ~!
それ程じゃねぇよ、っつう感じであれから買い足しました。
座りが悪いですが、計19枚です。

うわぁ、AKBとかSKEのファンってほんとにCD複数買いするんだぁ~。
写メ券だけで売ってくれ!って話ですよ、マジで。


ちなみに全国握手会が絶賛開催中ですが、そっちは行ってません。
コンサートグッズも買ったりしてませんから、Perfumeほどどっぷりでは無い感じですよ。
と言うか、Perfumeファンやってて学んだって感じでしょうかね。

コンサート行って実は衝撃的な事がありまして、自分の高校のクラスメイトが花送ってやがってびっくりしました。
某テレビ局にもぐり込んだ後に独立して会社を立ち上げ、今や社長。
最近のツイッターで福岡のSKE仕事に絡んだという事は知っていました。

連絡を取るべきなのか取らざるべきなのか…。
カミングアウトすべきなのか否か…。

また花が空気読めてない感じの装飾で、他の花はSKEファンなら出自がわかるものだらけだったんですが、この花の送り主はたくさんのファンにとって「誰これ?」って感じだったと思います。
スポンサーサイト

「ハリー・ポッターと死の秘宝PART1」

自動ドアだと信じ込んでガラス戸に思いっきり鼻からぶつかっていったガオー島田です。
あるある~。

久々にSKEに振り回されない週末って事で映画へ行って参りました。
(毎週のように各地でイベントがあって、おじさん疲れちゃった。)

これだけ文句言いながらよく新作観に行くよね?って言われそうですが「ハリー・ポッターと死の秘宝PART1」を観て来ました。

さて、本作。
1作目から本数を重ねる毎にご都合主義が過ぎる子供向けって感じからどんどんダークな展開になっていってるわけですが、今回が最もダークな展開だと言っていい感じでかなりシリアスになってます。

これがなかなか魔法絡みのアクションシークエンスが良くできており、かなり楽しめました。
始まってすぐに逃亡劇となり、なぞを解き明かしつつ逃げるという一本筋が通っててわかりやすいってのもいい点だと思います。
ただ、後半はかなり間延びした感じでダラダラして失速。
その割には2時間26分と長尺だったり。
(スタッフロールが長いという噂もあります。)

相変わらずの「そんなルールありか?」とか「さっきの方法で逃げればいいじゃん」とか突っ込めたりしますが、ストーリーの本質的な所でずっこけると言うことはありませんでした。

なぜかニューズ・ウィークの映画評では酷評でしたが、自分にとってはハリー・ポッターシリーズでは一番楽しめました。
(原作ファンには不評なんですかね?)

単純にアトラクション的楽しみがそこそこできる感じです。

じゃあてめぇ薦められる映画なのかよ?って言われるとう~んって感じですが、70点って感じでお願いします。

「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」

二枚重ねのトイレットペーパーで上下のミシン目がずれていると一日イライラするガオー島田です。

ホリプロの50周年記念映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」を観て来ました。
いつ和田アキ子が出るのかと期待してたんですが、出なかったです。(激ネタバレ)

元がちゃんとしたミステリー小説で、監督がリングの中田秀夫だから、って事でちゃんとしてそうなんで観て来ました。

結論から言うと原作を消化し切れなかったのか、それとも原作にその欠陥があったのかわかりませんが、ダメでした。

「こうすればいいのに」「ここでこう言うのは不自然」「とりあえず主人公だけでも…」などなど突っ込みどころが満載。
生死に関わってるんだからちゃんとしようよ?って映画の中に入ってしゃべりたくなるレベルでした。

酷すぎるってほどでも無いんですが、ここまで感情移入できずにさらっと終わるとは思いませんでした。
ちょっと怖いところもあったので残念な感じです。

藤原竜也の演技が他の映画と一緒に見えて来ます。
演出の方にビジョンが無いからなのか、演者としての引き出しの問題なのか…。

1セットで済むんだから、脚本練らないとダメだろうと厳しく言いたい55点で。

「ぼくのエリ 200歳の少女」

消化がよい事で有名なうどんを食べて下痢をしたガオー島田です。
胃袋デリケート過ぎ。

ようやく名古屋にもやって来たスウェーデンの吸血鬼映画「ぼくのエリ 200歳の少女」を観て来ました。
自分の知らない間にシネマスコーレでやっちゃったんじゃないかと焦りました。

評価がかなり高かった事もありますが、私自身が吸血鬼ものに目が無いって事でかなり期待値高めで見てしまいました。
そういう前評判で見ちゃうから、批評家と逆に評価になる映画が多くなっちゃうんでしょうねー。
って事でご他分に漏れずこちらも微妙な感じの感想を持ちました。

映画に流れる空気感やら演出はある程度納得が行くしいいと思うんですが、この映画が成り立つには吸血鬼のエリをもうちょっと魅力的に描かなければダメじゃないかと思うんです。
キャスティングも微妙で、スウェーデン的にはエキゾチックな少女なのかも知れませんが、日本人の私はどうにもいまひとつ魅力的に映りませんでした。

吸血鬼の設定もいまひとつあいまいで、そこもスリルを楽しむ時にはダメな部分かと。

そのほか、いくつかのキャラクターの行動原理がいまひとつ理解できなかったり。
あそこまでの事件なら警察に行くべきなのに、とかとか。
例のナニを繰り返して生きてきたはずなのに、映画のシークエンスでは不器用過ぎて、よく今まで生きてこれたな?っていう感じだったり。
いくらでも膨らませることができそうなエピソード的伏線もすぐ解消したり、正直物語としてはちょっと遠慮気味なのも気になります。

同居者のエピソードなどは多くを語らずもいろいろと想像できて面白いんですけどねー。

ハリウッド映画とは違い先がどうなるかはわからないってのは確かに大きな魅力ではあるんですが。

オチは好きなので70点で。

「ナイト&デイ」

風邪引いてまんねん。
ホーホゲキョ。
ガオー島田です。

ゲホゲホ咳が出るので、到底映画館に行ける感じじゃないんですが他の客の事なんか知るかって事で、本日は1000円デーって事で行ってきました。
ホントはもう2本ぐらいは見たかったんですが…。
(一応咳止め飲んで行きました)

気づいたら石井隆の「ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う」の公開が終わってました…。(BGM:森田童子「ぼくたちの失敗」)
きしゃーーーーー!!(魂の叫び)

そんな訳でトム・クルーズ&キャメロン・ディアズ主演の「ナイト&デイ」を観て来ました。

なんかめちゃくちゃだけど嫌いになれない、みたいな評価がされている事が多いこの映画、なるほどそういう評価になるのもわからないでもない映画です。

アクションシーンは確かにハチャメチャですが、それは一見してって感じで決してあり得ないアクションではありません。
むしろ近年のアクションのいい所である情報の密度をかなり上げてぶちこんできた映画だなって気がします。
高速でのカーアクションは本当に画面内の情報量が多く、何度も見返す事ができるレベルだと思います。

本編もバラエティに富んでいてストーリーの引きもちゃんとあり、誰もがハッピーになれるハリウッド映画としては大成功と言ってもいい映画なんじゃないかと思います。
これで二人が若ければ文句が無いっちゅう感じです。

ただラストのアクションだけもっと分厚く派手なのが欲しかったですな。
もうひとつ欠点は予告編に面白さが凝縮されすぎていて、観る前からわかっちゃうってとこですかね?

デートムービーにいいと思うん78点で。

トムに押し倒されたら、少しの時間は我慢できそうです。
プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。