スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グリーン・ゾーン」

先週は思いっきりブログ書くの忘れてました。
映画観て無いっすからねぇ~。
しかも最近、午前中に観に行っても睡魔に襲われる始末。
身体に疲れが蓄積されちゃってるんですかね~?

という独り言をぶつぶつつぶやいているガオー島田です!
ノイローゼか?と聞かれれば、ハイと言わざるを得ないでげす。

いつ「やってるやってる~!」と言ってもおかしくないマット・ディモン主演、ポール・グリングラス監督コンビによるイラク戦争映画「グリーン・ゾーン」を観て来ました。

予告を観た感じと、批評があまりいい感じじゃなかったのでそれ程期待せずに行ったんですが、これがなかなか面白かったです。

予告編の通り、この映画はイラク戦争における大義名分であった「大量破壊兵器」が見つからなかった事に焦点を当てた娯楽作品です。
娯楽作品と書きましたが、イラク戦争映画としてはかなり社会派的な楽しみと豊富な情報量で知的好奇心も満たされ、かなり満足できました。
ポール・グリングラス監督は「ユナイテッド93」と言い、多分社会派映画の方が手腕を発揮するんではないかと思います。

同じくイラク戦争を題材にした「ハート・ロッカー」がありましたが、実際はこちらの方がイラク戦争とイラクの政情やアメリカ政府関係の対応などが描かれており、むしろこちらの方がアカデミックな内容となっている気がしました。
ただ、マット・デイモン扮する主人公が活躍しすぎ&一人で何でもやりすぎという所であるとか、はっきりと善悪が分かれてしまっている所などが批評家筋には嫌がれる所なのかも知れません。(結構致命的かも)
ただ、改めてこの映画を観て「ハート・ロッカー」が純粋な娯楽作品である事を確認できた気がしますねぇ。

アクションシーンに関しては、私としてはやや難ありのポール・グリングラス印の「何がどうなってるのかカット割りが多いし、カメラ手ぶれ過ぎ」なので、この点はマイナスとさせていただきます。

あと本作は字幕が戸田奈津子なので、気をつけろ!
読むんじゃない!感じるんだ!
本作も多少混乱するような所がいくつかありました。

東宝東和はいい加減戸田奈津子に字幕頼むなよ!という怒りは点数に関係無く、78点で。
スポンサーサイト

「パリより愛を込めて」

近所で子猫が大量発生して、猫パラダイスの様相を呈しているガオー島田です。
こっちが気を使うわい。

怪作「96時間」と同様リュック・ベッソンとピエール・モレル監督による「パリより愛を込めて」を観て来ました。


ジョン・トラボルタが大暴れする映画です。


終わり。




って本当にそんな映画でした。

前作の96時間は脚本に独自のサスペンス性があったんですが、今回は結構普通のアクション映画になってしまいましたね。
ちょいとしたドンデン返しがあったりするんですが、まぁ味付け程度です。
あくまでも、「このジョン・トラボルタ、ノリノリである。」(広中雅志さんのナレーションでお読みください)を楽しむ映画だと思います。

つか、人殺し過ぎじゃね?とか、最後の最後が軽すぎじゃね?ってのが気になりましたが、普通に痛快アクションが楽しめました。

トラボルタのハゲ頭にプラスして70点で。

「運命のボタン」

本日の昼食はラーメンを食べに行ったんですが、カウンター横の5・6歳ぐらいの子供がおばあちゃんに「早口言葉しようよ!」と突如言いだし、
「じゃあ行くよ」

「うんこ、うんこ、うんこ、うんこ、うんこ」

と早口言葉を始めたため、グーで殴りたい衝動を我慢するのが大変だったガオー島田です。
まず、早口言葉じゃねぇだろ!と首をしめながら突っ込みたかったです。

キャメロン・ディアス主演とうっすらとした粗筋に興味を持って「運命のボタン」を観て来ました。

予告編はおろか雑誌の紹介記事すら読んだ記憶もないこの映画。
あらすじは、-ある夫婦のもとにある男が、ある装置を持ってくる。その装置のボタンを押すと100万ドルがもらえる。ただし、そのボタンを押す事によって見知らぬ人が死ぬ。-というストーリー。

藤子・F・不二雄チックな少し不思議ストーリーが大好きな俺じゃないですか~?
そりゃ行っちゃう訳ですよ。

で、この映画非常にサスペンスフルで、次にどういう展開になるか読めず、非常のドキドキさせてもらいました。
変わった映画が観たい方はおススメです。

1970年代の設定は多分ベースの原作のためだと思いますが、あまり意味が無かったと思います。

あと、やはりこのオチはどうなのかな?と。
このオチで、観ている最中は楽しんでいるのに、評価としては悪く言う人も多いかと思います。
自分は過程が楽しめる事の方が重要だったりしますので全然OKなんですが。
このブログの評価もそうやって評価をしているので、よろしくお願いします。

映画が終わった後のスタッフのクレジットを観て、「あぁやっぱり」と思ったので、その筋のものが好きな人はわかっちゃうと思います。
自分も観ている途中で、なんか「○○○○っぽいなぁ」と考えて観ていました。

予備知識無しで観てもらいたい映画です。

好みの映画なので80点で。

「アリス・イン・ワンダーランド」

自分にとってのワンダーランドはと聞かれれば、女子高だと即答するガオー島田です。
女子大でも可です!

ジョニー・デップ主演、ティム・バートン監督作品「アリス・イン・ワンダーランド」を観て来ました。

もちろん109シネマズ名古屋にてIMAX3Dで観て来ました。
先日、普通の3Dで「タイタンの戦い」を観て来ましたが、画面の明るさが全然違います。
正直これぐらいの画面の明るさが無いと、3Dでも画面の情報量が失われてしまって意味無~いじゃ~んって感じです。

「アリスの不思議な国」という作品は教訓とかそういうのをすっ飛ばした、狂ったフィクションですが、それを踏襲したこの作品もいい感じに狂っていました。
ただ、こちらの作品は女性の自立ってテーマがある感じですかね?

現実のリアルな描写含めて、意外にシビアな面もありますが、娯楽としてはスリルを感じ無いので自分は物足りず。

チェシャ猫が中尾彬みたいでかっこよかったです。
見たのは吹き替え版なので、声優などイギリス出身俳優で固めていてもあまり意味無かったり。
言葉遊びも多いようでこれまたなおさらで、どれだけこの映画を理解できたかってのもわからなかったりします。

正直特別ひっかかる所もあまり無く、予告で見過ぎたせいか、知ってるネタのオンパレードみたいな感も…。

ヘレナ・ボナム・カーターの女優魂にプラスして65点で。

「タイタンの戦い」

神様との戦いに連敗中のガオー島田です。
本日も抽選券3枚がティッシュになってしまいました。

ハリーハウゼンのコマ撮り特撮でお馴染みのリメイク作「タイタンの戦い」を観て来ました。

実は旧作をリアルタイムで見たおっさんである私には感慨深いものがあります。
確か正月映画で二本立てだったはず。(名古屋だから?)
後の一本は何だったのか忘れました!節子さんご飯はまだかいのう!

本作も今流行の3D。
自分も飛び出したいよ3D。
「アバター」のように3D用カメラで撮影した訳では無く、2Dを無理やり3Dにしたって聞いていたんですが、凄い3Dになっていました。
正直どうやって2Dを3Dにしたのかその原理がわかりません、つか想像したら気が遠くなります。
コンピューターって凄いのね。

で、ストーリーの方はそこそこ楽しめました。
友情パワーじゃないけれど、途中は熱い少年ジャンプ的な戦いがあって、それなりに燃えてしまいました。
監督が車田正美の聖闘士星矢に影響を受けているってな事も言ってましたから、少なからずそういう要素が入っているのかも知れませんね。

当初は多少退屈したりしたんですが、サソリちゃんが出るあたりからは手に汗握ってしまいました。
こういう時、自分の頭が単純で良かったと思います!
でっかい怪物のクラーケンが大暴れしてくれれば最高だったのにってのにのに。

期待より楽しめたので70点で。

「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」

白黒ならシマウマよりもパンダ派のガオー島田です。
本当はどうでもいいです。

宮藤官九郎脚本、三池崇史監督作「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」を観て来ました。

実は前作のゼブラーマンはレンタルして、すげぇながら見で内容はほとんど頭に入らずに返却しました。
そんな適当すぎる見方をした映画の続編をなぜ観に行ったかと言うと、仲里依紗がエロそうだったからです!

そんな訳で満足しました!

終わり。

なんちゃって。(死語)


以前にも書いたような書いてないような気がしますが、どうにも相性が合わないクリエイターってのがいるようで、クドカンもそのうちの一人のようです。
どうも、このちょいとした軽い悪乗りがダメみたいです。

ラストの展開がダメ過ぎて、仲里依紗の演技が無駄になってしまうような設定はどうなんだろうな?って言う感じです。

こういうのって一周回って面白くなったりするんですかねぇ?

仲里依紗は頑張ってますが、演技的に凄いって感じは無かったです。
前日に見た「ヤンキー君とメガネちゃん」の方が素晴らしかったです。
(特に第二話)

そんな里依紗の頑張りをプラスして60点で。
プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。