スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SCANDAL

久々に会った友人に「女子高生のスカートが短すぎる!」と言われたガオー島田です。
知らんがな。

女子高生スタイルなれど平均年齢20歳弱のバンド「SCANDAL」のイベント&握手会へ行って来ました。
タワレコでCD買ったら握手会券付きだったですよ。

おっさんが結構多かったです。

名古屋パルコ西館1Fエントランスと言うびっくりするぐらいシャレオツな女子・男子が行き交う場所で握手会って、結構羞恥プレイよね。
男女比率が9:1っつう事にびっくりしましたが、やはりアイドル的なんですかね?

自分のようにメンバーが誰が誰やらって言うか、そもそも今日初めてまじまじと顔を見たって人間が握手会に参加するっていうのがそもそも間違いっていうか…。

で、4人とも凄いかわいかったです。
そりゃ男女比率9:1になるよ。


イベントは13:00からって事ですが、その直前10分前ぐらいにリハーサルで登場。
「少女S」を歌ってました。(演奏はあてぶりでした)
本番は
「夢みるつばさ」
「少女S」
「SCANDAL BABY」

二人が愛知県出身という事で、LOFTの前の公園で練習したりしてたなんて話をしてました。
コメダでシロノワール食べた話とか、何となく親近感がわいたり。

その後、普通に握手して来ました。

アイドルの握手会の如く、7~8周してる人がいましたが、途中からは握手すらせずに素通りしながら話だけしてました。
プロの仕事だな、と思いました。

スイバケのCDも買ってきました

限定のクリアファイルもらいました。
スポンサーサイト

「ワイルドスピードMAX」

パタリロの最新巻が出たと思って買ったら、既に部屋に積んであったガオー島田です。
ほとんど読み終わってから「あれ?これ読んだ事がある」と気付きました。

年を取ると二度楽しめるからお得よね。

まずは名古屋開府400年マスコットキャラクターはち丸の後姿で癒されてください。
はち丸の雄志

70回以上の駐車違反をした事でおなじみの藤井リナが日本語吹き替え版で演じている「ワイルドスピードMAX」を観て来ました。
もちろん字幕版で。

4本目のワイルドスピードな訳ですが、旧作3本を全く見た事がありません。
途中「?」「?」って所もありましたが、車でずばばばばーんってな映画ですから、大丈夫!

アクションシーンのクオリティは高く、思わず姿勢を低くしてしまうぐらい見入ってしまいました。
話そのものはシンプルで、頭からっぽでも楽しめるって感じでしょうか?

退屈もしなければ、特別面白いと感じる事もなく…。

ヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーはかっこいいです。
特にヴィン・ディーゼルは声がほんとに渋くていいです。
吹き替えで見たらダメでしょ。

平均点な70点で。

「グッド・バッド・ウィアード」

うっかり休日出勤をOKしたら、残業6時間30分やらされたガオー島田です。
気をつけなはれや。

実はインターネットさんがまたもや繋がらない状態になってました。
これまでも突然繋がらなくなって、翌日繋がってたりって事があったんですが、完全にダメだったようで、修理に来てもらいました。
修理に来た人が、自分の知ってるような知識でアドバイスしてくるので、少しイラっと来ました。

で、10/11日曜日に「続・夕陽のガンマン」のリメイクのようなそうでないような韓国映画「グッド・バッド・ウィアード」を観て来ました。

大好きなおっさん俳優ソン・ガンホが出てるってのもあったんですが、そこそこ評判が良かったって事もあって観に行っちゃいました。

西部劇と言ってもとんでも設定では無く、第二次大戦前の満州が舞台で、日本・中国人とマイノリティーである朝鮮が設定に絡んで、無理なく西部劇風味になっていました。
列車・馬・ガンマンがそろえば西部劇になる訳ですな。

アクション部分の描写のクオリティが高く、もはや韓国でそれなりに予算をかけたアクション映画はハリウッドと比べても遜色ないできで驚きます。
日本は完全に周回遅れって感じです。
困ったもんだ。

本編は前半の好調っぷりとは裏腹に後半失速する感じでした。
リアルな暴力と痛快なアクションの境界を行ったり来たりする感じが自分にとっては不満でした。

ソン・ガンホ演じるキャラクターの人格も、冒頭では金のためにさっくり人を殺すのに、後半子供を救うのに命がけだったり、ちょっとどまどったりします。
(まぁ冒頭に殺されるのは日本人ですが…)

今一つ満足感が無いままの70点で。

東京ゲームショーとタイナカサチ

超だりぃ、超だりぃっす。ガオー島田だし。
無理して若者言葉を使ってみましただし。

まじ超だりぃんですけど、Perfumeのライブの翌日、東京へ早朝に乗り込み(説明しよう! JRのセットプランでお安く行くためには早朝の新幹線に乗らなければいけないのだ。)東京ゲームショーへ行って来ました。
看板だし
なぜかストロボの調子が悪く、何人か綺麗なお姉さんも撮ったんですが、映りが悪かったので割愛します。

今年の東京ゲームショーは何かえらく評判が悪かったですね。
大きな発表もなく、出展企業も少なくって感じで、元気が無かった感じです。
一番大きなニュースはPSPの値下げですかね?

16:00には渋谷にいなければいけなかったので、あわててブースを彷徨いました。
相変わらず会場の間はコスプレの場になっていました。
コスプレのためだけに来てる人もいそうだし
コスプレのためだけに来る人はまだいいんですが、写真を撮るためだけに来てる人は本当に困ったもんです。
自分も某ゲームの実機画面が見たくて近づこうとしたら、コンパニオンの撮影会みたいになって、近づけないっていう本末転倒な事がしょっちゅうありました。
カメラを叩き壊しながら割り込みたい衝動にかられましたが、そんな度胸は無いんだぜ。

昼過ぎに光栄・テクモブースに行くとステージのマルチ画面になぜか「SweetVacation」の表示。
お姉さんが「ではお待たせしました!SweetVacationのお二人で~す」とあまりにタイミングが良すぎる自分に恐怖しながら、スイバケのライブショーを楽しむ事ができました。
以前見た人がVJもやっており、普通にちゃんとしたステージ(経費かからなそう)でした。
この後もステージがあるらしかったのですが、さすがに渋谷に間に合わなそうなので断念。

で、早々に幕張を後にして、渋谷のクラブクアトロへ…。
前日のPerfumeのライブでへとへとになった身体に、さらにゲームショーで立ちっ放し歩きっ放し、そしてさらにその後、スタンディングのライブという、これまでで一番キツイ身体酷使。

渋谷のブックオフの上、クラブクアトロで「タイナカ サチ ワンマンライブ LIVE 2009~Destiny~」へ行って来ました。

3枚目のアルバムを経てのワンマンはこの東京一か所と言う事でかなり残念。
CDもなぜか一般アーティストの中では無く、アニメコーナーに置かれるなど、かなり斜めの方向に行きつつあるのが残念なタイナカサチ。
歌声もメロディーもかなり質が高くポップで、なぜaikoになれないのかってのが不思議です。
アレンジが古いって感じも確かにするんですが、なぜ女性客の比率が悪いのかも本当に不思議です。

自分含めた汚い客の割合が多いのが原因ですかね…。

ライブは素晴らしかったです。
新アルバムではリードシングルである「運命人」が好きだったんですが、最初の方にやってしまいちょっとショック。
お客さんも最初はおとなしめでしたが、後半はノリノリで盛り上がりました。
とまどいながらのダブルアンコールもあり、ちょっとうれしかったです。

さすがに身体はずたぼろでした。
帰りの新幹線では爆睡。
横の席のアベックが凄い太っててつらかったです…。
プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。