スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、ドラえもんのモノマネをする時ってどうすりゃいいんでしょ……「のび太の新魔界大冒険」

石ころぼうしを被ってないのに、被った時並の存在感のガオー島田です。
忘年会等で人知れず帰る事ができるので超便利です。

あの「ドラえもん『のび太の新魔界大冒険』」を見てきました。
ちびっこが一杯の劇場でひっそり隅の方で見てきました。
ま、隅に行かなくても目立たないからいいんですが…。

今編は言わずと知れた1984年に公開された「のび太の魔界大冒険」のリメイク。
自分も過去作は高校生の頃、テレビでの放映で見ましたが、びっくりした記憶があります。
ドラえもんなのに怖く、伏線の張り方が絶妙で、基本的にドラえもんは常に完成度が高いわけですが、魔界大冒険はドラえもん劇場版の中でも屈指の傑作だと思ってます。
(全部見てないくせに…)

で、今回のリメイクですが、少し不安だったのは、ドラえもんの新声優陣たち。
自分はテレビ放映を全く見てないので、新声優さん達には全然慣れ親しんでません。
しかし、ここは自分の緩さが幸いしてか、ものの15分で慣れました。
何も考えてない人間ってホントお得ネ。
それでも、スネ夫の声には違和感を終わるまで拭えなかったですが…。
相武さんは悪くなかったです。
あと声とは関係無く、演出だと思いますがドラえもんの口が悪い。
(実際は大山のぶ代さんの方がかなりセリフを変えていたようですが…)

で、見た感想ですが、「あれ?こんなもんだったかな?」という感想です。
自分も随分汚れてしまったので、「高校生程度にもドラえもんを楽しめなくなったのかなぁ?」なんて考えながら見ていました。
笑いがいっぱい入っているにも関わらず感情移入できなくて、あら探ししてしまう自分が。
ラストの処理なんかは悪くない感じですが…。うーん。

家に帰って、旧作を見て、謎が解けました。
以後、プチバレあります。


今回のドラえもんは冒頭から壮大な画面で始まってますが、旧作はあくまでものび太の日常と言う「いつものドラえもんの風景」からナチュラルに大冒険が始まるわけです。
よってあの日常に突如現れる変異(石造)の恐怖が盛り上がったのではないかと。
満月父の描き方も異なっており、旧作では単なるキチ○イのように描かれていたのに、今作では権威を持った人として描かれていたりします。

ご都合主義を拝したと真保氏は語っていましたが、改悪した部分もあり、そこにひっかかりを覚える結果となりました。


さて点数ですが、60点で。
あの原作はどう料理しても面白くなると思ってましたが、違うんですねぇ。

スポンサーサイト

鹿取容子は天むすが好き……「デジャヴ」

でーじゃぶー!あなたとーはーー♪
デジャヴと聞くと、今でも鹿取容子が歌う「超時空騎団サザンクロス」の主題歌が頭の中で流れてくるガオー島田です。

新庄が応援しているジェリー・ブラッカイマープロデュースの「デジャヴ」を見てきました。
予告編で、少し不思議(SF)系を醸し出していたので、かなり乗り気で見に行ってきました。
新庄も応援してるし。

主演はデンゼル・ワシントン、監督は「トップ・ガン」でお馴染みのトニー・スコット(今さらトップ・ガンて)。
脚本に「アラジン」と「パイレーツ以下省略」のテリー・ロッシオがいますね。

びっくりしたのは予告編とは全然違う映画だった事です。
デジャヴで捜査する映画と思いきや…。

多少の大味な所はありますが、映画としての満足度はかなり高いかな。
一番感心したのは、設定を活かした新しいアクションのシチュエーション。
これは既存の映画では無かったように思います。
その他ストーリーに踏み込まないと書けない事が多いので、どう感想を書いたものか…。

総合的に言うと、大傑作になりうる題材ながら、惜しいなと言う感じです。
ストーリーには巧みさに唸りながら、本編にイマイチ乗ってない自分が少し不思議でしたが。
(ここらへんが少し不思議映画だったのか!)

点数はそれでも80点上げられる出来。
ジェリー・ブラッカイマー、「パイレーツ以下略」にも期待してるぜ。

夢は夜開く…「ナイトミュージアム」

十五、十六、十七と私の人生暗かったガオー島田です。
バレンタインのチョコとかもらった事無いよ!

本日はもう一本、日本で全然ヒット作が無いベン・スティラー主演の「ナイトミュージアム」を見てきました。

全米で大ヒットし、こちらも2億ドルを叩き出しました。
2ドル置くんじゃないですよ?

ストーリーはハリウッド映画らしいハートウォームな映画で、所々「どういうルール?」とか都合のいい所もありますが、この映画は許せてしまう映画ですね。
コメディ部分もちゃんと笑いが取れてますし、映像もおもちゃ箱をひっくり返したようで楽しく見れます。
親子連れ推奨映画ですね。

もうちょっとブラックな笑いがあればうれしい所です。

いやぁなんか書く事が無いぞ。

点数は65点。

歯磨けよ……「ハッピーフィート」

ペンギンと言えばサンスターしか思い浮かばないガオー島田です。

「マッド・マックス」や近年は「ベイブ」などで知られるジョージ・ミラー監督作品「ハッピーフィート」を見てきました。
どんなバイオレンスなCG映画かと思えば(ウソ。そんな風に思ってません)かわいらしいペンギン映画となっています。

近年、ピクサーやドリーム・ワークスのアニメの成功のおかげで、映画会社がこぞってCGアニメを製作するようになりましたが、さすがに観客も食傷気味なのか、大ヒットは生まれにくいようになっています。
特に日本も、ここの所は立て続けにコケています。
ピクサーの「カーズ」も決してヒットしたとは言えない状況。
そんな中、アメリカでは2億ドル以上の大ヒットとなり、今年のアカデミー賞ではアニメ部門で賞も取っています。

さて、内容ですが、ピクサーのアニメを想像している人がいたら、ちょっとアテがはずれるかも知れません。
これはカートゥーンをCGにしたのでは無く、映画をCGにしたと言う内容だからです。
小ネタは少なく、コミカルなキャラクターはいるものの、その描写はリアルな楽しい人レベルです。
無論、描写としては「人間なら死んでるべ!」と言う所が一杯あるんですけどね。
劇場でもあまり観客は笑っていませんでした。
この映画はそちらよりも「感動」に比重をおいているので当たり前なわけですが。

私はこのストーリー展開でびっくりしてしまいました。
この映画が今年のアカデミー賞で賞を取ったのも受賞作品を見るとわかるような感じですね。
序盤、物語が動くまでに時間が掛かった所と、ラストの都合の良い所がマイナスですが、途中の絶望感はなかなかで泣きそうになりました。
ジョージ・ミラーのパワフルな描写がここで生かされてる、のかな?

その他、映像は文句無く美しいです。
背景もカメラワークも素晴らしいです。

という感じで70点と言う所でしょうか。

私待つわ。

あみんが復活ライブを行うと言うニュースを聞いて落ち着かないガオー島田です。
いや、別にファンでも何でもないんですが。

今日は、お買い物等でガンガン時間がつぶれて映画が見に行けませんでした。
春休み映画が公開始めたので、またしても3月末はハシゴの連続になりそうです…。

本日は名古屋ローカルでは特に話題の「ミッドランドスクエアー」を外から眺めつつ、名鉄百貨店でお買い物。
久々にジーンズを買いに行ったのですが、客が多くたった一人の店員さんは右往左往してました。
自分も試着したらほったらかし、と言う感じでずいぶん待たされ、映画の時間に間に合わず。
まぁ今日はゆっくりふらふらとすっかと思い、特に怒らず待ちました。

昼は久々に一風堂へ行ったのですが、正午前強風が吹き荒れるこの天気で行列が!
まぁここはいつもの事なので、特に怒らず待ちました。

その後、ジーンズの裾上げの仕上がりを取りに行ったのですが、運悪く店員が違う場所に用事に行くタイミング。
お互いに目が合って「あ!」ってな感じでした。
まぁ今日は忙しいんだろうと思い、特に怒らず待ちました。

ジーンズを受け取り、地下のスウィーツ売り場へホワイトデーの仕返しの品を買いに行きました。
デラックスなチョコの詰め合わせを頼んだのですが、なかなか支払いの請求が来ない。
すると、店員が「すみません、今ちょうど中に無くて、倉庫にありますので取りに行っております。お時間よろしいですか?」と言われる。
まぁ、こう言う悪いタイミングって人生には何度もあるだろうからと思い、特に怒らず待ちました。

いや、こんなにタイミングが悪く待たされる日なんて人生にそんなにねぇよ。
こんな日にした神様には怒りが止まりませんでした。

なんか釈然としない1日だったので、今日は日記らしい事書いてみました。

竜雷太をライダーの一人だと思ってました

飲んだら乗るな!乗るなら女房!
乗る女房に不足しているガオー島田です。(差別発言)

ハリウッドのモト冬樹ことニコラス・ケイジ主演「ゴーストライダー」を見てきました。
アメリカンコミックが原作と言う事ですが、全然知らない原作ながら、なんとなく予告編で派手そうなので観に行ってしまいました。

正直、かなり退屈な映画でした。
よく全米No1になれたなぁと言うぐらいで、何年も製作のごたごたが続いた映画らしく、抜きん出た何かも無い映画でした。
ヒーロー物が結構好きな私なんですが、ここの所のアメリカンヒーローは全然人を救いませんな。
出てくる敵ですら、別の理屈で動いているよで、浮世離れしすぎと言う感じです。

朝一で映画を見に行ったのに、欠伸が出るって滅多に無いっすよ。

点数は50点。
見ていて怒りはしなかったので、この点数です。
プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。